BLOG

大阪モーターサイクルショー

毎度ありがとうございます。梅木商会です。

先日行われた、大阪モーターサイクルショー。各メーカー色々な展示があったようです。

 

HONDA、市販予定車の「モンキー125」や「フォルツァ」、市販車のPCX(アクセサリー装着)、カスタマイズコンセプトモデルのCB1000Rなどなど、盛りだくさん。

‪下記の写真は新型FORZA!大阪モーターサイクルショーで日本初お披露目🎉‬
‪スマートキーと電動スクリーンを装備しています。んーいろいろと時代の変異とともにデザインも、コンセプトも変わっていくんですね~。

 

YAMAHAブース、今年のテーマは「愉しさひろげる。未来がひろがる。」
ツーリングしたり、サーキットで走ったり、カスタムしたり、ガレージで眺めたり・・
バイクの様々な楽しみ方やヤマハモデルの魅力をひろくお伝えしようと、ヤマハバイクのある生活や未来をイメージできるようなステージ演出。

MTシリーズ。

 

次ははXSRを中心としたスポーツヘリテージコーナー。
人気のXSR900をはじめ、昨年発売されたXSR700やSCR950が展示されています。
XSR700のFASTER SONSコンセプト、かっこいいですね~。

 

LMWブースでは参考出品として東京モーターショーでも話題だったNIKEN(ナイケン)が展示。これは個人的に市販してほしい。。。

 

SUZUKIブース。発売されたばかりのSV650XやGSX-S125などスポーツモデルが人気を集めているスズキ。今回初お披露目となるモデルはなかったが、東本昌平氏やおりもとみまな氏など、バイク乗りの間で人気の漫画家のイラストを大々的に配置したブースデザインは他ブースとは一線を画すレイアウトで、スズキらしい遊び心いっぱい!またVR(仮想現実)を利用したサーキット走行体験など、最先端のテクノロジーを用いて来場者を楽しませる新しい試みを取り入れるなど、工夫を凝らしたブースだったようです。

スズキといえば隼。息の長いモデル。

大人気アトラクションだったのがSUZUKI VR Experience。VRゴーグルをかけてGSX-R1000に跨り、メルボルンのコース走行を疑似体験するというアトラクショ。マシンはもちろん左右にバンクできる。この体験者が見る映像はケビン・シュワンツ(Kevin Schwantz)氏がライディングした時のものだという! これは面白そうですね!オンラインで販売店に発信し、各店舗で体験できるようにすれば、集客につながるのでは?!

アニメ「ばくおん!!」に登場する、人気キャラ鈴乃木凜(愛車はカタナ)の巨大イラスト! 作者のおりもとみまな氏がサイクルショーのために描き下ろしたものだとか。イラストではファンの間で「スズキ乗りの聖杯」として崇められている(?)純正の「湯のみ」が大々的にフィーチャーされている。わかる人いますか?ちなみに私はわかります。

SUZUKIのお馴染みとなったSマーク。「よく訓練されている」とSNSで話題になったスズキブースのお姉さんたち。

 

来週は東京モーターサイクルショー!楽しみじゃなー。

 

 

2018年03月19日

3月はモーターサイクルショウー

 

 

毎度ありがとうございます。梅木商会です。

もう気が付けば2月も終わり。春を感じる陽気も増えてきました。そしてもう来月は3月ですが、3月といえば卒業シーズンです。しかし!バイクではモーターサイクルショーのシーズンです!

今年のモーターサイクルショーは大阪が3月16日(金)から18日(日)まで、東京が3月23日(金)から25日(日)までの開催です。

実は東京、大阪両会場とも4年連続過去最高の来場者数だそうです。バイクの盛り上がりを感じます!

各メーカーがテーマを掲げ、車両だけじゃなく楽しいバイクライフを連想させるような展示演出をしているようですよ!お時間合う方はぜひどうぞ!楽しそう!

東京モーターサイクルショー

http://www.motorcycleshow.org/

大阪モーターサイクルショー

http://www.motorcycleshow.jp/

 

 

2018年02月24日

AI×Motorcycle

毎度ありがとうございます。梅木商会です。

 

先日、AI搭載のバイクが出てきたらどうなるんだろうと、思っていました。

自動運転技術や、倒れないバイクも開発されてるんだし、

もう出ててきもおかしくないよねってことで調べたら、ありましたね。

さすが、YAHAMA。

2017年東京モーターショーの参考出展車で、その名も「Motoroid」(モトロイド)。

このマシンはAIによって人の顔や動作を認識して立ち上がり、

ライダーのもとへやってきます。

そしてレーシーなポジションに体を預けてハンドルを握ると、ライダーのスキルや運動能力に関わらずエキサイティングなスポーツライディングを提供してくれる。

そんなヤマハらしい新世代のモーターサイクルを目指しました。

とあります、すごいですね。あと5年くらいで出てきたら面白い。。

 

 

 

 

2018年02月17日

YAMAHA 55mph

 

 

毎度ありがとうございます。梅木商会です。

 

あなたはYAMAHA「Project 55mph」を知っていますか?

 

「Project 55mph」は、モーターサイクルカルチャーを楽しみ、人生を豊かにすることがテーマです。そこには、人、モノ、背景、があり、人が集まるイベントやカフェ、Webを通じてバイクのあるライフスタイルが発信されています。

 

この「Project 55mph」のコンテンツの一つに

ツーリングの魅力を堪能できるものがあります。

ウェブサイトはこちら!

 

撮影は瀬戸内の尾道周辺。

岡山県なら牛窓や日生地域周辺のような風景が満載です。

 

バイクツーリングの楽しさや、

風景とともに変わっていくバイク乗りの内面が表現されています。

 

瀬戸内地域はバイクでツーリングし、心の洗濯をするにはもってこいの場所です。

バイクでツーリングすれば誰もが感じる、「研ぎ澄まされる感覚」

と「精神の高揚」。オートバイで旅をすることは自分を知ること。

あなたも瀬戸内をツーリングしてみませんか?

 

 

2018年02月12日
» 続きを読む